専業主婦でも借りられる内緒のカードローン

収入のない専業主婦でも借が可能な理由

専業主婦がキャッシングするには、配偶者貸付を実施している業者でなければなりません。
2010年より総量規制が導入され、借入は年収の1/3までと決められました。
これにより、収入のない専業主婦は借入しにくくなりました。

 

しかし、銀行は総量規制が対象外となるため借入が可能となりました。
では、なぜ収入の無い専業主婦が可能なのでしょうか。
それは、配偶者貸付によって可能にしているからです。
つまり、配偶者の収入を元に融資を行っているのです。

 

配偶者が安定収入であれば、限度額は30万円まで、50万円までと消費者金融に比べると若干低めにはなりますが、金利も低くリスクを犯さず、安心して融資してもらうことができるのです。
なので、専業主婦でも申込める銀行をまず探しましょう。
例えば東京スター銀行カードローンだと口座を持っていれば、最短即日審査、24時間申込できます。
申込が300万円までであれば、年収証明書は必要ありません。

 

また、店舗に行かなくても契約までインターネットで済ますことができます。
返済は残高スライドリボルビング方式となるので、借入残高が少ないほど月々の支払いも少なくなります。
金利は一定なので、先の予定をみて安心して借入できる事が可能な銀行といえるでしょう。

 

次は楽天銀行スーパーローンです。
専業主婦は全員収入証明書が不要です。そして、楽天と言えばポイントがたまりやすいで有名ですが、入会するだけで楽天スーパー1000ポイントもらえます。
入会費・年会費は永久に無料、限度額は最大で50万円と専業主婦には助かる多めの設定になっています。
借入額が少額であれば、在籍確認の電話がない事もあります。

 

最後はソニー銀行カードローンです。
まず、一体型のカードになっているので、郵送されてきてもあくまで「キャッシュカード」です。なので、夫や家族にバレにくいという利点があります。
専業主婦が借りれる限度額は10万円と他銀行に比べると少し物足りなく感じると思いますが、その分審査に通りやすいということになります。

 

なので、10万円内の借入を希望しているのであれば、十分だということです。
下手に限度額の高い所で借入して、仮に審査に落ちてしまった場合その審査落ちした記録が保証会社に残ってしまいます。

 

すると、他でまた借りる時に審査に今後落ちやすくなってしまいます。
金利も低く、利用限度額が10万円であれば最低返済額が2000円となります。

 

なので、毎月の返済が負担になりにくいです。
毎月お金のやりくりで上手に借入したのに、結局返済で苦しいのでは意味がありませんので、専業主婦にとってもやりくりしやすい設定です。
このように、専業主婦でも借入可能な銀行はありますが、審査落ちしない為に自分の身辺を整理しておく必要もあります。
クレジットやローンで滞納していないか、複数のキャッシングに申込んではいないか、他社の借入が4件以上ないか等です。

 

このような事があれば、もちろん審査に影響があります。
まず、借入する為にしっかりと下準備をしておくことをおすすめします。